戸隠蕎麦
神職こだわりの蕎麦

戸隠は言わずと知れたそばの名産地です。
戸隠蕎麦を神職である主人が一から作り、
お客様にご提供いたします。
蕎麦を食してもらった時のお客様の笑顔のために
時間をかけて作り上げていきます。

戸隠蕎麦の特徴は、盛り方にあります。
茹であがった蕎麦を冷水で締めてあげる時、
人差し指と親指で蕎麦をつまんで、
二つ折りにするようにして盛り付けます。
これが戸隠蕎麦のアイデンティティー「ぼっち盛り」です。
なぜ、ぼっち盛りなるものが生まれたのでしょうか?
戸隠の神様にお供えしたときの形がそうであったとか、
あまりに美味しい蕎麦を取り合わないように
一人ずつに分けて盛ったとか、、、
説は色々あります。

お宿諏訪でご提供しております戸隠蕎麦は、
盛り付ける「ざる」にも特徴があります。
戸隠の竹細工職人さんが、
戸隠の根曲り竹を使って作ったざるです。
戸隠の素材を使って戸隠の職人さんが作ったざるで、
戸隠の神職が打った戸隠蕎麦をいただく。
シンプルですが、戸隠蕎麦の真髄がここにあるような気がします。

秘伝のだし

壺に入っているのは、20年以上継ぎ足し守り続けている秘伝のつゆ。
全国各地の素材を吟味し、その中から厳選された鰹節・鯖節・宗田節等
6種類を調合しております。
蕎麦や料理が旨いのは、基本のだしにこだわっているから。
その舌で、香りで、ぜひ確かめてください。
そして、戸隠を流れる清らかな水があるからこそ、素材がより一層際立ちます。

戸隠蕎麦の出来上がるまで
戸隠蕎麦の出来上がるまで
戸隠蕎麦の出来上がるまで
戸隠蕎麦の出来上がるまで
戸隠蕎麦を味わうコースはこちら